展示会

たなか鮎子 『ふしぎなかさやさん』絵本原画展 (『森のささやきの標本室』の原画・複製原画展 同時開催)

展示会
開催期間
たなか鮎子 『ふしぎなかさやさん』絵本原画展 (『森のささやきの標本室』の原画・複製原画展 同時開催)

たなか鮎子
『ふしぎなかさやさん』絵本原画展
(『森のささやきの標本室』の原画・複製原画展 同時開催)


雨の日、家をとびだしたレミがはいったかさやさんには、ふしぎなかさがいっぱい。あるかさを開いたとたん、大変なことがおきて……。

この初夏発売予定『ふしぎなかさやさん』(たなか鮎子 作 講談社 刊)の原画を中心に、新刊『森のささやきの標本室』(たなか鮎子 作 A&F BOOKS 刊)の原画・複製原画を同時展示いたします。


6月8日(水)~14日(火) ……『ふしぎなかさやさん』原画メイン
6月15日(水)~21日(火) ……『森のささやきの標本室』原画・複製原画をメイン
の展示予定です。作品を入れ替えつつ、全期間通して二冊の絵本原画をお楽しみいただけます。


【場所】ブックハウスカフェ ギャラリー「こまどり」
【会期】2022年6月8日(水)~2022年6月21日(火) ※期間中無休
【営業時間】11:00~18:00 ※最終日は17時まで
【住所】〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F
【TEL】03-6261-6177

※入場無料。
※期間中、作家在廊予定日ございます。詳細はHPやSNSなどでお知らせいたします。

◆本の紹介

『ふしぎなかさやさん』(たなか鮎子 作 講談社 2022. 5月下旬 刊行予定)

雨の日、家をとびだしたレミがはいったかさやさんには、ふしぎなかさがいっぱい。あるかさを開いたとたん、大変なことがおきて……。
つまんない!と思っていた雨の日におきた、ふしぎな冒険。さまざまな雨の情景をうつしこんだかさと、なぞの猫の秘密。さて、かさやさんといっしょにレミは青空をとりもどせるのでしょうか。
パリ在住の著者が描く、ふしぎでうつくしいファンタジー。

『森のささやきの標本室』(たなか鮎子 作 A&F BOOKS 2022. 6月初旬 刊行予定)

音の消えた森で迷子になった弟・ことはをさがすため、リリとこだまは霧に包まれた森へ入ります。古めかしい霧の精の家のにたどり着き、秘密を知ったふたり。そこへ現れたのは……!?
イラストとオノマトペを組み合わせた表現によって生き生きとした森のリズムが視覚的に楽しめる、自然を愛するすべての人に贈る一冊。

たなか鮎子 プロフィール

福岡県生まれ、宮城県に育つ。ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。フランス・パリ在住、個展を中心に活動中。
おもな絵本作品に『ふしぎなかさやさん』『クリスマスマーケットのふしぎなよる』『フィオーラとふこうのまじょ』(講談社)『ルナのたまごさがし』(フレーベル館)など。共著に『うらしまたろう』(文/令丈ヒロ子)『あきねこ』(文/かんのゆうこ)『針つくりの花むこさん』(文/瀬戸内寂聴 以上、講談社)など。書籍装画に『1リットルの涙』(幻冬社)、『数学ガール』(SBクリエイティブ)、『人形使いマリオのお話』(徳間書店)、『いっしょに楽しむ おはなしのえほん』(高橋書店)など。

たなか鮎子 HP https://ayukotanaka.com
SHOP https://littlewhynot.stores.jp