展示会

木村セツさん、木村いこさん原画展『おてがみであいましょう』(理論社)

展示会
開催期間
木村セツさん、木村いこさん原画展『おてがみであいましょう』(理論社)

木村セツさん、木村いこさん原画展
『おてがみであいましょう』(理論社)


89歳でちぎり絵を始め『90歳セツの新聞ちぎり絵』などでも話題の木村セツさんと、
人気イラストレーターの木村いこさんの、実の祖母と孫の合作絵本です。

コロナ禍は、なかなか会えていなかった関係だけでなく、頻繁に会えていた関係でさえ距離を感じさせる事態となりました。
いくらネットが発達しそこでつながる気軽さは生まれたとしても、リアルな「会うということ」がもたらすものには、代えがたい力があることでしょう。

「会えない」祖母と孫が「会いたい想い」を絵手紙に託し結ばれます。
作者は実の祖母と孫。
読むだけで溢れるほどのあたたかな気持ちになれる絵本をご堪能いただけると幸いです。

この絵本の原画展を、開催いたします。

□期間:6月1日(水)~6月14日(火)※期間中無休
□営業時間:11:00~18:00 ※最終日は17時まで
□会場:ブックハウスカフェ ガリバー(神保町駅A1出口から徒歩1分)
□住所:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F
□電話:03-6261-6177

※入場無料。カフェスペースですので座ってご飲食をお楽しみいただけます。
※貸切などで一時的にご覧いただけない時間帯がある場合があります。あらかじめご了承ください。

プロフィール

●木村いこ
1981年奈良県生まれ。イラストレーター、漫画家。絵作品には『コケシちゃん』(フレーベル館)『ひま人ヒーローズ! 』(ポプラ社)『かみさまのベビーシッター』(理論社)などが、漫画作品には『夜さんぽ』『いこまん』『たまごかけごはん』(徳間書店)『午前4時の白パン』(ぶんか社)『きなこもち』(マッグガーデン)などがある。

●木村セツ
1929年奈良県生まれ。学徒動員により紡績工場で働き、戦後は銀行に勤める。家庭の事情で退職後、三人の子供を育てながら、養鶏、喫茶店、農業などの仕事に励む。89歳から長女の勧めで新聞ちぎり絵を始め才能が開花。作品集に『90歳セツの新聞ちぎり絵』『91歳セツの新聞ちぎり絵 ポストカードブック』(里山社)がある。